小学生・英語授業を受ける下地づくり(中学生にも役立ちます!)

当塾で英語授業を受ける人は、

  • Step1 アルファベットがわかる・書ける
  • Step2 ローマ字がわかる・書ける
  • Step3 フォニックスというものがあると理解している

この3つを作ってください。(そうしないと、授業が辛くなるかも。)

 

Step1 アルファベットがわかる・書ける

↑こちらのサイトから、アルファベット練習用のプリントが無料で印刷できます。

 

授業形式で学びたい方はこちら↓

 

プリンターがなくて、自宅でプリントができない方はプリンター買いましょう。最近安いです(5,000円前後)。


エプソン プリンター A4 インクジェット 複合機 カラリオ PX-049A

 

無線LANがついてスマホプリントにも対応。

コピー機としても使えます。

おこさんの学校のプリントをコピーして、何回も練習したいときにも役立ちます。

 

Step2 ローマ字がわかる・かける

プリントはこちらで↓

 

説明を受けたいならこちらで↓

 

あとはPCでローマ字入力で遊んでいれば覚えると思います。

 

Step3 フォニックスを少し学んでおく

こちらのサイトがわかりやすいです↓

f:id:teppei1024:20181101092928p:plain

フォニックスというものがあるんだな。ローマ字と英語は読み方が違うんだな、と学んでおいてください。

当塾の小学生の英語授業を受ける人は授業内でフォニックスを扱います。なので、このサイトを眺めて、こういうのがあるんだなと少し見るだけでOKです。

でも、中1で英語をスタートする人は、学校でフォニックスを学ぶことはないはずです。自分で勉強するといいですよ。

 

フォニックス・英語多読・最低限の文法を学ぶための下地を作っておいていただけると、楽しく学び、どんどん成長できると思います♪