小学生の英語 多読

多読って何?

やさしい英語の絵本をたくさん読むことで、英語を自然と身につける方法が多読です。

細かくレベル分けされた本(Graded Reader:略称GR)を用いて、自分のレベルに合わせた絵本をたくさん読んでいきます。

 

f:id:teppei1024:20180626113029j:plain

日本の学校にも導入され、成果を上げている多読

奈良県の西大和学園では、多読の授業があります。

f:id:teppei1024:20180626113150j:plain

多読は洋書をたくさん読む授業。

 

f:id:teppei1024:20180626113158j:plain

多読を取り入れている西大和学園は、東大合格者が伸びています!

多読の3原則

1. 辞書は引かない

絵や、前後の文章から推測をして読んでいきます。日本語の本を読むときに、わからない言葉があってもめったに辞書は引きません。推測ができるからです。しょっちゅう辞書を引いていては、読書を楽しむことができません。

2. わからないところはとばす

完璧に分からなくても、70%分かっていれば話の筋はつかめます。もしあまりにもわからなければ、レベルを下げた本を選べばいいのです。細かくレベル分けされている Graded Reader だからこそ、自分のレベルにあった本を読むことができます。

3. つまらなければやめる

内容に興味をもてない、共感ができない場合には、途中でも読むのをやめてOKです。日本語で読書をするかのように、洋書を読むのが多読です。

 

英語多読に使っているテキスト

オックスフォードリーディングツリー 

通称ort。

イギリスの小学校で80%国語の教科書として使用されています。

 

おさるのジョージ

一度は見たことのあるはずおさるのジョージ。

 

ピアソンリーダーズ(旧:ペンギンリーダーズ)

ロングマン英語辞典でおなじみのピアソン社の発行する絵本。

ディズニーとのコラボによる絵本があり人気。