外資銀行で働く年収3000万円プレーヤーが、お金の授業をしてくれました

こんにちは、館山市の学習塾・白浜ランゲージ・ラボラトリー 塾長の小池です。

今日はちょっと特別な事業のお話をします。僕の友人で、東京で開始の銀行で働いている Iくんが遊びに来ました。

「今日さ、先生の友達のお金持ちのおじさんが来ているんだけど、話ききたい?」

「聞きたいですー!!」

予想していた以上に反応が良かったので、I くんを呼んで話してもらいました。

 

お金を稼ぐためにはどうすればいい?

  • お金を向けるにはどうすればいいのか
  • お金が儲かる仕事ってなんだろう
  • お金を儲けるために、今やれることが何なのか

ちなみに、Iくんは平均的な大人が稼ぐ金額の、8倍程度を稼いでいます。

外資銀行というのは、館山には馴染みがないですが、エリート中のエリートなんですよ。東大、京大、早稲田、慶応の人でもトップクラスの人しか行けない場所なんですよ。

館山の子供と、東京の外銀というめずらしい組み合わせ。なかなかレアです。

 

アクティブラーニングスタイルで進む I くんの授業

僕も生徒たちと同じように座席に座って聞いていたのですが、めちゃくちゃ面白かったです。

お金を稼ぐ人たちってどんな職業?

「弁護士ー」

「医者ー」

「先生ー」

 

逆にそれほど儲からない職業は?

「アルバイトー」

「コンビニー」

「受付ー」

 

じゃあさここの共通点ってなんだとおもう?

 

自分が当事者になって考えさせられる。

そして最後には I くんの考える答えを教えてくれる。

 

授業が終わった後も、Iくんを取り囲んで話を聞くみんな

授業後も I くんを取り囲んで話しを聞く姿。

質問して、真剣に聞いています。

 

たまたま家に遊びに来て、たまたまそれが平日で、たまたま授業したということなので頻繁にあるわけではありませんが、こんな機会もSLLではありますよ。