【成長ストーリー】学年32名中 27位→ 1位(英語)塾長の話に刺激を受けて、勉強をがんばれた!白浜中→安房高→明治大へ

白浜中→安房高→明治大 藤田将司くん合格体験記

32人中27位。どこの高校にもいけないとバカにされたところからスタート

中1の時英語の授業の小テストで頑張って勉強しても”This is a pen.”と正確に書くことができず、英語の先生に「こんなんじゃどこの高校にもいけねーぞ」と笑いながらばかにされました。

悔しくてたまらなかったです。この一言がきっかけで私は塾でがんばることを決意しました。その時の英語の成績は32人中27位これが紛れもなく私のスタート地点でした。 

90分が短く感じる。想像とは違う授業

小池先生が担当する授業は、そこは私が想像していたものとは大きく違っていました。

授業は90分と学校の授業よりも長く、中1の私は集中できるか不安でした。

しかし、授業の合間に英語のゲームなどを取り入れてくれたり、時々ある塾長のためになる話などもとても面白く、集中力のない私でも楽しく90分の授業を受けることができました。

勉強をがんばるとどうなるのか。イメージがわいた。

塾長の話では、勉強をがんばるとどうなるかを具体的に話してくれたところが印象に残っています。例えば、安房高校の雰囲気、就職の話、お金の話などです。勉強のモチベーションになりました。

 

ーー現在の授業時間はもっと長い(120分)です。

でも「短く感じる」と言ってもらえることは多いです。飽きないよう工夫をしているつもりです。塾長の雑談コーナーでは中学生の知りたいところを話していて、勉強する意義が見つかる可能性があります。

塾長との距離が近い。参加型のイベントがある。

また、この塾の最大のいいところは塾長との距離が近く生徒と塾長との間に信頼関係がしっかりあることです。

塾長主催でバーベキューをしたり、ハロウィンパーティーなどの行事があるため塾内の友達だけでなく塾長ともとても親しくなることができました。

そのおかげでわからないところなどは気軽に聞けるし、課題などもしっかりやろう!という気持ちが芽生えました。

32名中、27位→1位に!苦手な英語が一番の得意科目に

当然成績もびっくりするように上がりました。

1番驚いたのは、あの大嫌い英語が1番得意科目になり1番好きな科目になってました!

英語の成績が大きく伸びたおかげで全体の順位もあがりました。

また英語以外の科目も塾で教わった勉強の仕方を応用することにより伸ばすことができました。

ちなみに成績は
総合 1年 19/32 2年 7/32 3年3/32
英語 1年 27/32 2年 3/32 3年1/32

当時は5教科パックはなく、英語のみを教えていました。


最後の模試ではなんと100点を取り学年1位を取ることができました!!
入試では英語で90点を取ることができ前期合格を勝ち取ることができました!

人生を変えたSLLとの出会い

少し大げさかもしれませんがSLLに入り安房高校に合格できたことは私の人生を変えてくれたと思います。安房高校に入りレベルの高い仲間に出会えたことにより私は今年大学入試という人生の壁を無事越えることができました。

大学入試を頑張ることができたのは中学生の時勉強を頑張って安房高校に入ることができたからだと思います。

英語で教わった勉強の仕方を応用することで、他の科目も伸ばせたという点が素晴らしいです。応用力ですよね。今後の活躍が楽しみです。また大学の話を聞かせてくださいね。塾生にフィードバックしていきたいと思いますので。