館山市の中学生の数学塾をお探しの方へ【絵図を書いて、複雑なことをシンプルに】

こんにちは、館山市の塾 白浜ランゲージ・ラボラトリー小池です。

館山市で数学の塾をお探しの方へ。

算数、数学は「後伸びする子」と、「今はいいけどこの先きつそうだな」という子にわかれていきます。

ある程度勉強のできる大人であれば、お子さんの算数・数学の様子を見ていて「あれっ?」って違和感を感じたことがありませんか?

「この問題って足すの?引くの?」

「この問題意味わかんないし。」

「まだ習ってないからできなーい」

うーん、危険ですよね。

小学生と中学生では数学の難しさが段違い

小学生のころは算数ができたのに、中学生になって壁を感じることってあります。

方程式が難しい。文字式が難しい。

そんな声をよく聞きます。

xとか、よくわからないし、と。

実態のない抽象的なものになってくるので難しくなります。

⇒ ちゃんと深みのある勉強してると後伸びしてきますよ。

館山三中の確認テストで、数学学年1位、2位

高校に進学するとさらに数学が難しくなる

僕が高校に進学したときに一番むずかしく感じたのは数学です。(一応、高1のときは数学で学年5位になることもあって、一番得意科目でした。)

勉強すれば、誰でもできるという感じではないです。

赤点を取る人も多く、高校生の数学を指導したときにも、数学だけはどうにもならないという人もおおかったです。

なんで小学生のころは算数ができたのに、中学、高校で数学ができなくなるのか?

小学生は計算問題の比重が高いです。でも、中学にすすみ、特に高校受験では計算問題の比重が下がります。

文章を読んで、絵をかいて考えることが求められるようになります。

このトレーニングをしていなくて、計算に頼りすぎているとあとで苦しむことになります。

その場しのぎではなく、深く、楽しんで考える力を!

小学生のうちから、絵を書いてものごとをとらえる練習をしておくといいですよ。

高校、大学でも勉強ができる人は、複雑なことをシンプルに捉えます。

絵図にして説明することができます。

 

例えば、速さであれば線分図を書いて、視覚的にとらえていきます。

 

日能研で算数の偏差値70を叩き出している小学5年生の算数の様子を見たことがあるのですが、絵をかきまくりです。線分図を多用します。

 

算数の難しい文章題問題をパズルを解くように、前のめりに楽しんでときます。

(ちなみに、当塾の算数で絵描き算をやっている子たちはそんな感じです。)

 

小学生 ⇒ 小学生の算数 絵かき算

中学生 ⇒ 5教科パック